むさしさかいアグリ体験

アグリ体験

都市近郊にありながらも、一歩足を伸ばせば自然と農地に彩られた「のどかな風景」が楽しめるのも武蔵境の自慢のひとつです。
次代を担う子供たちに「緑と水のまち、武蔵境」の自然にふれ、環境・食の大切さを感じてもらうのがアグリ体験プロジェクトです。 土まみれになって童心に帰り子供たちと一緒に楽しむ時間こそ、お金で買うことのできない貴重な体験だと考えています。
この機会に家族や親子、地域の人々との絆を深め、このまちの魅力を再確認してみませんか。

さかいHOTほっとプロジェクト

北原白秋の詩に謳われるように、昭和初頭まで武蔵野近郊では「八つ房唐辛子」というとても辛い唐辛子が栽培され、土地の名物でもありました。
その歴史を踏まえて、武蔵境の飲食店を中心とした商店にご協力いただき、唐辛子やその他の激辛調味料を使用してオリジナルの辛いメニューをご提供しています。
また、「辛い(激辛)」をテーマに活動されている他地域の方とも連携し、武蔵境を広域に発信する“ほっと(辛い)”なプロジェクトです。武蔵境産の唐辛子を使った、新しいメニューも現在開発中です。

さかい夜市プロジェクト

昨年2011年8月に、無駄な電気を使用せず楽しく夏を過ごすイベント「さかい夜市」を日本獣医生命科学大学で開催しました。初回の実施にもかかわらず1500人以上のご来場いただき大盛況を収めました。2012年度は、さかいで朝市を開催しよう!をコンセプトとした「さかい朝市」と、夏の夜を楽しむイベント「さかい夜市」の二つのイベントで武蔵境を盛り上げます。

こども未来の詩プロジェクト

子どもたちがつむぐ「武蔵野」のまちは、どんな姿をしているのでしょう。集う人、まぶしい緑、にぎやかなまち、そしてこれまでの、これからの思い出…
たくさんの思いを新しい言葉に乗せて、新しい土地の記憶をつくってみるワークショップです。
2011年度は、詩人水無田気流さんと蜂飼耳さんをお招きし、武蔵野プレイスで言葉を使い、言葉で遊び、言葉で表現する楽しさを深めました。
好評につき、2012年度も実施を予定しています。

さかいマルシェ出店ご希望者様へ